毛穴をキレイにするコツ|毛穴美人はすっぴん美人

婦人

簡単にスキンケアできる

美容クリーム

ひとつあると便利

オールインワンゲルとは、たったひとつでスキンケアができる便利な多機能タイプの化粧品です。ゼリーのようなゲル状になっていて、角質層を潤す効果と、潤いを持続する効果の二つの働きがあります。また、美容液タイプのオールインワンゲルには、エイジングケアができる成分が入っています。ただ肌のコンディションを整えるだけではなく、不足した栄養を与えて細胞を強化する働きがあります。最近はオールインワンゲルを使用してスキンケアをする人が増えています。顔を洗ったあとにつけるだけでいいので、時短スキンケアができるのがメリットのひとつです。また、オールインワンゲルは安いと3千円以下で購入できるので、毎月の基礎化粧品代の節約にもなります。

化粧水と乳液の働き

化粧水には角質層の水分量を上げる役割があり、乳液には角質の水分の蒸発を防ぐ役割があります。化粧水と乳液をセットにして使うことで、乾燥を予防できます。ひとつずつ使ったり、使う順番を間違えたりするとほとんど意味がなくなります。オールインワンゲルには、化粧水+乳液の働きがあります。ゲルは肌につけると水のようになり、角質層の奥に浸透します。その上からゲルを重ね塗りすると、今度は乳液のように表皮の表面をゲルの膜が覆います。そして浸透したゲル成分が蒸発するのを、長時間防ぐ働きをします。さらに美容液としての機能があるオールインワンゲルなら、美容液も不要です。ひとつでしっかり肌の乾燥を予防し、さらにエイジングケアもできる優秀アイテムです。